INFORMATION

BespokeShoemaker  KentaroSoyama

IMG_0321 IMG_0329 IMG_0330 IMG_0339

 

当店でハンドソーンウエルテッド製法 紳士靴を担当しているスタッフが独り立ちを目指して個人ブランドを立ち上げました。
フルハンドソーンの紳士靴専門で、当店の製品よりも細部にこだわりぬいた製品です。
 
以後、当店では9分立てでのハンドソーンは今まで通りですが、フルハンドソーンの製品はオーダーお受けいたしませんので、フルハンドソーンご希望のお客様は、下記のほうへ直接、お問い合わせ、お取引お願いいたします。
(当店でもサンプルを展示しております。)
BespokeShoemaker  KentaroSoyama
HP    http://lfwsq6.wixsite.com/lfw-square
e-mail  lfwsq45@gmail.com

完成納期のお知らせ。

12月現在で完成納期の目安は6カ月以上いただいております。当方の事情によりさらに伸びそうな状況となっております。

製法やデザイン等によっては、受注自体をお受けできないものもありますので、事前に

お問い合わせください。

 

 

制作スタッフ募集中です・

現在、製作スタッフを募集中です。

職人仕事であるため条件は決して良くありませんが靴作りを生業にしたいと考えている方、

まずはメールでプロフィールをご記入の上、連絡してください。

 

仕事の内容 ・ 靴作り全般ですが、皮革の裁断、縫製~つり込み作業~底付けまで。

       修理等と雑務など。

 

 

 

 

 

 

料金改定のお知らせ

今年度より、価格を改定させていただいております、ホームページの価格表のほうはまだ修正が間に合っておりません。

原材料費の上昇、諸経費の上昇などで、これまでの料金では製品の品質維持が難しくなってきております。

5%~10%程度、上昇しておりますのでなにとぞご了承ください。

インソール制作についてのお知らせ

3月いっぱいでインソール制作を担当してくれていたスタッフが休職に入ったために、現在、インソールの制作受注を停止しております、ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

 

ジャパンレザーアワード2016 2位入賞

当店のスタッフが昨年に続き今年もジャパンレザーアワード2016の婦人靴部門に出品していましたが、部門の2位に入賞しました。 残念ながら2位には賞金も副賞も無く表彰状だけのようですが、いろんなことにチャレンジするのは大事ですね。

京都の染め物の技術で染めた特別な皮革を使用した婦人靴です。

来年の1月に大阪の阪急で展示されるようです。

1481111460718 1481111464643 1481111466992 1481111457073

ダブルモンクのハンドソーン

dsc02112

ハンドソーン製法のダブルモンクが完成しました。

皮革はアノネイの黒を使い、底材にはレンデンバッハを使用して3枚底にして厚く。

東京から何度も足を運んでいただき、こだわった一足になりました。

穴の開いた靴の補修

何年か前にオーダーいただいた靴の補修を依頼されました。

足の変形があり、小指が上を向いているためにその部分の爪が内側から皮革にあたってついに穴が開いてしまったということです。

dsc01876

いったん、そこを外してしまいます。

dsc01878

中底もとってしまうとライニング側にも見事に大きな穴が開いています。

dsc01879

ライニングを交換する必要があるので靴を分解します。

 

 

dsc01908dsc01905

上の皮革の穴は内側からパッチを当ててふさぎました。

そしてライニングを新しい皮革に交換、ついでにクッション材を入れたりして

調整もしました。

dsc01909

組み立ててもともと縫ってあった通りにミシンで縫い直します。

この時、慎重にミシン穴も同じ場所に落ちるように縫ってゆきます、そうすることで強度も保てます。

dsc01911

木型(ラスト)も調整しなおしてあったっている場所を高く大きくして、爪が

あたりにくくなるように工夫し、芯も入れなおして釣り込みなおし。

dsc01914

底も新しく付け直し、穴や大きな傷をパテ埋めし補色。

見間違うように綺麗に仕上がりました。

dsc01961dsc01967

もう一足、黒の靴も同じ場所に穴が開いていたのを、新しい皮革でカバーして

ストレートチップ風に手直しし、同様に補修、完成。

dsc01973

ただし、通常はここまでの修理をすることは稀です。

一足新しく作ってしまうほどの時間がかかるため、対費用効果を考えると、ここまでの修理をするのはおすすめはしていません。

カーフという最上質な皮革を使っているからこそここまでの修理ができたと思います。

ステージ用の靴

dsc01890dsc01897dsc01857

声楽家のお客様がステージで履かれる靴を制作、納品しました。

細かなキラキラした反射がきれいな加工をされた山羊革を使用して華やかな感じです。

 

 

学生靴 ローファー

私の次男坊が行っている中学校がローファー指定で、入学時に靴を作って履かせていたものが、成長期で半年で1cm以上も足のサイズが大きくなったために2足目を制作しました。 学生にオーダー靴なんて贅沢だ!と、考えるのが普通ではありますが、成長期の足を痛めると一生、靴に苦労する事になるかもしれません。 既成靴の手直しなんかもてきますので、靴でお悩みであればまずは、こ相談下さい。 価格を抑えたパターンオーダーを現在、企画開発中です。