店舗のご案内

shop infomation

スタッフ全体写真

古都京都、祇園や八坂神社、平安神宮にもほど近い、東山三条に店を 構えて、約30数年になります。
店主は靴の製造の仕事にたずさわって60年あまりオーダーメイドシューズの専門店として、採寸から設計、製造の全工程を自店で行っています。

店舗写真

「市販の靴ではなかなか合わない。」というお客様に
ご満足いただけるよう、オーダーメイドの靴をお手ごろな価格で
お届けできるように、がんばっています。
靴でお悩みの方、お気軽にご相談ください

店舗情報

靴工房ハンザワ京都・東山三条 オーダーメイドシューズ
営業時間AM10:00~PM7:00
定休日日曜日・祝日
電話番号075-561-4513
(お越しの際は事前に日時をお知らせください。)
メールアドレスinfo@kyoto-hanzawa.com
メールでのお問い合わせに関して
ご返信に2~3日頂くこともございます。ご了承下さい。
住所〒605-0003 京都市東山区若竹町414番地 13

アクセス

access

店舗周辺地図

専用駐車場はございません。お車でお越しの際はコインパーキングをご利用ください。
電車でお越しの場合の最寄り駅:京阪&地下鉄東西線「三条駅」または、「東山駅」より徒歩5分
京都をはじめ、大阪、滋賀、奈良、兵庫(神戸)、和歌山、福井、近畿地方のほか、岡山、広島、四国、名古屋、東京、九州地方からも、多くのお客様にお越しいただいております。

靴工房ハンザワの歴史

hanzawa history

ハンザワ写真

靴工房ハンザワは初代店主が、終戦復興期に靴職人の見習いとして働き始めたところから始まりました。

日本の靴作りの歴史は、幕末・明治期に主に軍隊用の靴を作るところから始まり、
太平洋戦争後の復興期に一般庶民にも靴を履く習慣が広がったことで靴作り産業も大きくなって行く過程で靴職人も増えてゆきました。

当時の職人たちは欧米の技術を学びながらも、日本の様々な職人の技術を生かし、独自の創意工夫をしながら、技術を磨いてきました。
それゆえ、欧米の職人とは違った日本独特の道具や技術もたくさんあり、独自の製作方法が確立されていきました。
当時は各工程ごとに分業制で、多くの種類の専門職人の手によって靴が作られていました。

当店初代は職人の中でも甲革師と言われる靴のアッパーを製作する職人として、兄弟子に学びながら下請け職人として経験を重ねました。

高度成長期に入り、靴作りが機械化、大量生産化され、一般的な靴工場が生産拠点を海外へと移してゆく中で、日本の靴職人は職を失い、多くの職人は他業種に移ってゆきましたが、当店は誂え靴や少量生産品、医療用靴に活路を見出し、釣り込み作業や底付け作業など他の技術も習得し、自店でほぼすべての工程を行えるようになり独自の技術力と、あらゆる種類の靴作りへの幅広い対応力を磨いてきました。

近年、あらためて誂え靴が見直される時代になってきて、平成17年に建物が建て替えられるのを 期に、名称をハンザワ靴店から靴工房ハンザワと改めて、誂え靴専門店として新たにスタートしました。

2代目の時代に入り、それまでの日本独自の製法、技術を継承しつつも、ヨーロッパでの靴作りや医療用の靴作りを学んだ若い職人たちとともに、イギリスの靴製法やドイツの靴作りの考え方を取り入れながら、当店の特徴である幅広く柔軟な対応力をさらに磨きつつ、日々靴作りに励んでおります。